レバレッジの仕組み、メリットとデメリット

FX初心者がまず理解すべき基礎知識は、レバレッジ

FXの初心者であれば基礎を理解した上で取引を開始することが重要です。

一旦始めてみようという気持ちで開始したら損をする可能性が大きいです。

FXにある様々な基本の中でもレバレッジはまず抑えておきたい大切な事柄です。

レバレッジを理解していないことで大損失を出してしまいFXを続けられなくなる可能性もあります。

ここではレバレッジの概念、仕組み、メリットとデメリットを紹介します。

FXのより入門的な内容について知りたい方は、まずこちらの内容からチェックしてみて下さい。

関連記事:FX初心者向け超入門


レバレッジとは

レバレッジとは「テコの原理」を意味する言葉です。

「シーソー」などでよく描かれているお馴染みの原理で、小さい力でも大きな物を持ち上げられるのがテコの原理です。

FXでは小さな掛け金をもってして、その何十倍もの取引をすることのできる仕組みがあります。

これをレバレッジと呼びます。

小さな金額の証拠金で多額で大きな取引を動かすことができるためにこう呼ばれています。

国内FXではこのレバレッジの最大倍率が25倍までで規制されていますが、海外FXでは1,000倍ものレバレッジをかけられる海外FX会社もあります。




レバレッジが存在する、その理由とは

レバレッジを使うことで自分が準備した資金以上の金額で取引ができる理由は2つあります。

1つ目は、FXは差金決済である取引だからです。

FXは異なる通貨を両替するように売買を行う取引ですので、買いと売りが1セットで成り立っています。

普通の投資というものは購入した時点でその代金を支払い、再び売却した時にその代金を受け取るものです。

このときの購入金額と売却金額の差額が損益となります。

一方FXでは購入して後で売却をする時、購入した時に代金を払う必要はなく、売却をして差額を確定させる時にのみ決済を行うというシステムです。

それが故、もしレバレッジで大きな金額を掛けたとしても購入した時に、大きな資金を準備する必要がないというわけです。

2つ目は、FX会社側が運営上で処理する仕組みです。

例えば、100倍のハイレバレッジを掛ける時、FX会社は取引に対する必要最低限の100分の1の資金をトレーダーから受取りトレードに使いますが、それ以外の分はFX会社が取引を行うということになります。

その為、トレーダーは一部の金額だけを預ければ済むということになります。

国内FX会社の場合、売買の全体を勘案して証拠金以外の部分を一部取引しないこともありますが、海外FXの場合は証拠金以外の部分は全て市場にて取引をします。




レバレッジのメリット

FXでレバレッジをするメリットとは、少額の自己資金でも高額の取引ができることです。

自己資金よりも大きな金額で取引ができれば、相場予想が当たった時にとても大きな利益を得られます。

例えば、レバレッジ100倍のトレードをして相場予想が見事に10%変動して的中すれば、証拠金の10倍の金額の利益を得られます。

このように資金効率良く投資をできることがレバレッジのメリットと言えます。




レバレッジのデメリット

どのような投資も同じですが、ハイリターンを狙えばハイリスクとなります。

その点、FXも同じくレバレッジを活す時のデメリットは、メリットの反動としてリスクが大きくなってしまいます。

例えば、5万円の証拠金で10倍のレバレッジを掛けて50万円のトレードをした時、相場予想が逆方向に10%変動すると、5万円の損失が発生します。

これはつまり、損失が証拠金と同額ですので自己の投資金額を全て失うことになります。

レバレッジを上げていけば、損失は更に大きくなり証拠金を超える損失を受ける可能性もあります。

リスクが大きくなってしまうところがレバレッジのデメリットです。