FXトレードの入門

「FXトレード」の入門と基本、始め方

テレビのニュースなどで外国為替相場に関する報道がされているのを見るとFXトレードというものに関心を持ったり、実際にFXトレードをしてみたいと思う人は必ずいます。

では実際にFXトレードをしてみようとした時には何から準備を始めたら良いのでしょうか?

FXトレード自体がなんだかとっつきにくいイメージもあるので、その始め方がわからないまま諦めてしまう人も多いことでしょう。

ここでは、FXトレードの初心者が始めるにあたって必要なことを説明します。

よく理解して国内や海外でのFXトレードに挑んでみましょう。

より入門的なFXの内容を希望の方は、まず下の記事からチェックしてみて下さい。

関連記事:FX初心者向け超入門。会社選びのポイントはこちら

FXトレード入門。アプリログイン前に

まずFXトレードを始めるにあたって必要なものを調達しましょう。初心者が準備すべきものは主に3つあります。

準備すべきものはまず3つ

1、まず投資資金を準備しなければなりません。投資する気持ちの準備が整っていても実際に投資資金がなければ何もはじまりません。まず投資すべき自己資金を確保しましょう。

2、次にFXトレードをする口座を持つことです。FXトレードをするためには特定のFX業者にて口座を持っていなければなりません。FX業者は国内にも海外にも様々な業者があります。業者選びもFXトレードに勝つための重要なポイントでもあります。自分のスタイルに合ったFX業者を選び出すことはとても重要なことです。

3、そしてFXトレード用のデバイスが必要です。これはパソコンもしくわスマートフォンが必要となります。




基本事項ルール、環境等の理解。キャンペーン利用も

FXトレードを始めるにあたって必ず必要なのが投資する自己資金です。

まずは無理せず少額資金から始める

海外FX業者の中には口座開設ボーナスと題して、口座を開設した途端に軍資金として5000円や10000円を無償で入金してくれるところもあります。

もちろんそのボーナスはあくまで軍資金ですのでいきなり出金することはできませんが、軍資金により出た利益はきちんと自分の利益として出金することができます。

自己資金ゼロの状態からFXトレードを開始できるメリットと言えるでしょう。

上の例はできる業者も限られていますので、基本的にはFXトレードの前に口座へ担保となる自己資金を入金する必要があることを覚えておきましょう。

また初心者である場合、始めから多額の金額を入金せずに、まずは少額でのFXトレードで慣れていくことをお勧めします。

必要証拠金はFX業者ごとに違う

FXトレードを行う上での担保のようなものとして証拠金を口座へ入金しなければなりません。その証拠金における基本事項も理解しましょう。 FXトレードをする場合、最低通貨単位というものがFX業者ごとに定められています。 FXトレードにおけるドルの通貨単位が1万通貨であるならば1ドル100円で100万円から取引が可能だということです。

これにレバレッジの逆数をかけたものが必要証拠金と定められます。

レバレッジ100倍✖️1万円(必要証拠金)=100万円

つまり1万通貨が最低通貨単位で1万円の軍資金にてレバレッジ100倍のFXトレードをするということになります。

まったく同じ通貨でFXトレードをする場合でもFX業者によって必要証拠金が異なってくる場合もありますのでFXトレード前には、よく確認しておかなければなりません。




入金はSBIの様なネットバンク推薦。スプレッドは?

次にFXトレードをするにあたってFX業者を選択して口座を開設しなければなりません。

FX業者は国内にも海外にも多く存在していますので迷うことと思います。

FX業者を選ぶときには3つのポイントに注意

1、コスト
FXトレードには取引手数料とスプレッドと言われる2つのコストがあります。海外FXでは国内FXに比べてスプレッドが広めで一見損をするように見えますが、スプレッドが広い分ボーナスや他の部分にメリットを持つため総合的に自分に合うポイントを評価してFX業者選びをすると良いでしょう。

2、レバレッジ
FXトレードでは軍資金としての証拠金を預け入れてその何倍もの取引を行えるという特長をもっています。FX業者ごとに異なるレバレッジにも注目しましょう。一般的に国内は最大25倍、海外は1000倍ものレバレッジを掛けられるFX業者も存在しています。

3、サポート体制
FX業者を選ぶ際、特に海外FX業者を選ぶ場合であれば日本語でのサポートなどは特に重要であるので、その充実度などにおけるあらかじめのリサーチなどはとても大切になってきます。

FX口座開設に必要なもの

FX業者が決まったら口座開設を行います。口座開設に必要なものはインターネットと本人確認のできる身分証です。

国内業者も海外業者も口座開設の際には運転免許証などの身分証は必須になりますので準備しておきましょう。

FXトレードの口座と連携する送金用の銀行口座はネットバンキングを準備

FXトレードをする人ならば銀行口座を持っていることと思います。

銀行口座を複数保有している人ならばその一つの口座をFX用として使用しようと考えてることでしょう。

その場合その銀行口座がSBIなどのようなネットバンキングなどに対応しているかも確認しておきましょう。 FXトレードの際にはロスカットなどの対応により緊急に入金が必要となる場合などネットバンキングでの銀行取引が重宝されるのでこの点をおさえておく必要があります。




PCとタブレット等評判は?AI自動ソフトならPC

FXトレードは、パソコン、スマホ、タブレット、何が一番良いのでしょうか。

本格的に始めるならばパソコン

初心者スタートとしてFXトレードを始めるものの将来的にも本格的な投資としてのトレーディングを見据えておくならばFXトレード環境にもこだわっておきたいところです。

本格的なFXトレードを見据えるならばパソコンでのFXトレードを想定するべきです。

スマートフォンとは違い大画面での様々な情報のキャッチアップ、安定性、通信速度などの点においても環境的にはパソコンが断然最適です。

さらにAI搭載の自動売買ソフトなどもパソコンでなければ取り入れられないでしょう。

スマホはいつでもどこでも使えるメリットがある

FXはスマートフォン自体が普及する前まではパソコンでFXトレードするのが当たり前でした。

しかし近年はスマートフォンの普及でスマートフォンだけでFXトレードをする投資家も増えています。

スマートフォンアプリをダウンロードするだけで簡単便利にFXトレードをすることができます。

パソコンを持っていない人でもスマートフォンだけあればFXトレードを開始できるということも知っておきましょう。

またスマートフォンであるメリットはいつでもどこでもFXトレードが可能だということです。

パソコンのように少しでも大画面で、且つ持ち運びできてという条件ならばタブレット端末を利用するという選択肢もあります。

国内も海外も両方で検討しよう

FXトレードを始めるにあたり、必要な準備として国内業者と海外業者における特別な違いはありません。

上記でも述べましたが、海外FX業者は日本の金融庁の管轄外になりますので、個々の業者における信用に関する注意や日本語でのサポート体制にはより注意を払わなければなりません。

また入金や出金に関しても国内業者よりも多様な選択肢があるためあらかじめリサーチをしておく必要もあります。

しかしながら海外FXには国内にはないハイレバレッジやゼロカットシステムなど様々なメリットがあります。

そういった意味でも初心者としてFXトレードを始める際には国内FXと海外FXの両方を視野に入れて準備するのが良いでしょう。