FX初心者向け失敗から学ぶ「心構え」

レバレッジ等FX初心者向けガイド

FX初心者であればFXとはずっと画面を見続けるものという印象を多くお持ちかもしれません。

実際はそうではなく、1日1回の取引しかしない人もいます。

どちらにしても失敗をおかし、損失がでてしまうことは怖いことです。

ここでは失敗例を学びながら、FXの心構えと取引手段についてFX初心者向けに解説します。

もしFXを全くの入門から学びたい方であれば、下の記事からチェックしてみてください。

関連記事:FX初心者向け超入門編

FX初心者本当に多い外為取引失敗例

FX初心者が起こしやすい失敗例2つを解説します。

FX初心者の勉強不足による失敗例

1つ目は、FX初心者における勉強不足による失敗です。

FX初心者は噂により簡単に利益を得られると勘違いしやすいですが、実は利益を得られる人ほど勤勉なものです。

そこを無視して失敗してしまうFX初心者のパターンは多く見られます。

どのような投資でも基本を理解しておかなければ失敗へ直行します。

そのためにも、FX初心者向けの教本を呼んだり、教育動画を見たりしましょう。

FX初心者の損切りができずに起きる失敗例

2つ目のFX初心者の失敗パターンは、妥協した損切りができないことです。

FX初心者は、損失が生じるとそれを取り戻そうとこだわりがちになります。

ときには損失を受け入れてやり直すことも重要です。

損失が拡大して取り返しのつかなくなる想定も考えながら慎重に取引をしましょう。




安定利益の基本は資金損失コントロールのトレード

次は、FX初心者が失敗しないで安定的に利益を出す方法を説明します。

FX初心者が失敗しないためには損失のコントロールが重要

FXでは何年も株を保有するような感じの長期投資のような取引の類ではありません。

そのため、何回も取引することが基本でありますので、複数回の取引で利益を積み上げた後にたった1回の損失で相殺されてしまうような取引は避けなければなりません。

つまりそういった損失1回1回の大きさを抑えることが大切になります。

安定的な運用の上手なトレーダーは、損失をコントロールすることにフォーカスして取引をしているものです。




通貨相場で乱れない心とテクニカル手法ができるか?

では損失コントロールとは具体的に何をすればよいでしょうか。

1つは、冷静な精神状態で相場に挑むことです。

常に自身のルールに従って取引をしていれば、混乱を起こしてハイリスクな取引をしないことでしょう。

他人の相場観には従ってはいけません。

常に平常心を保ち、自身の許容範囲内の投資を行っていきましょう。

もう1つは、損失を大きくしない方法を身につけることです。

それは、逆指値などの仕組みを有効的に活用することです。

安定した取引の基本は損失コントロールのための「心」と「手法」の両面を忘れずに取引へ挑むことです。




トラブル回避して始めるポイントのやり方ナビ

次に海外FX会社を利用する上でFX初心者が知っておくべきポイントを解説します。

FX初心者が注意すべき、出金トラブルや広告

海外FX会社の中には悪徳な業者も混ざっています。

有名な海外FX会社と類似した広告文面などにFX初心者の方はだまされないように注意しましょう。

そして出金トラブルが最も多いです。

出金申請をした途端、突然FX会社からの応答がなくなるということもありますので注意しましょう。

また自動売買システムを押し売りしてくる業者もあります。

「必ず儲かる」という謳い文句で騙してきます。

広告だけで判断しないように、信頼できる様々な情報を頼りに信用できるFX会社を見極めましょう。

FX初心者が注意すべき、突然のサービス終了

FX取引をしていたFX会社がなんの連絡もなく突然サービス終了を起こしてしまうケースもあります。

サービス終了のタイミングが悪ければ、マイナスの取引状態で終了することで大損失が生じてしまいます。

日本人だけを対象としてサービスを終了させる場合もあるので注意しましょう。

この場合でもFX会社選びが大切になってきます。

サービス開始から間もないような業者や運営元が不明瞭なFX会社は避けましょう。