初心者向けFX会社選び。おすすめ比較方法

初心者向けFX会社選択法

FXトレードをする時に、どのようなFX会社で口座を開設するかはとても重要になってきます。

コストを抑えることができて利益が出しやすく信頼できるトレードシステムを備えているのか等、安心してトレードのできるFX会社をみつけることができればトレードに成功する確率も高くなるでしょう。

そして重要なこととして、まず国内FX会社を使うのか海外FX会社にするのかを決めなければなりません。

サイト運営人の私的にはリスク資金効率を考えると海外FX会社を推奨します。

当サイトでは、FX初心者に向けた取引までの準備やトレードの基本など入門的な内容でまとまっていますので海外FX会社関連のより詳しい内容については一旦割愛します。

より詳しい海外FX会社情報、FX応用知識や必勝法は、運営人の私もよく参考にしている海外FXの総合情報サイトというポータルサイトの内容がおすすめです。

国内FXと海外FXの両方で長年トレードしてきたサイト管理人の方が推薦する海外FX会社の紹介や、ハイレバレッジ必勝手法、取引環境など分かりやすく紹介されています。

話題の仮想通貨情報や仮想通貨FXに関する記事もツイッターとともに毎日更新されてますので参考にしてみて下さい。




FX会社比較のおすすめ法

FXトレードをするためにはFX会社を決めて口座開設をしなければなりません。

しかしながら国内FX会社だけでも100を越えるFX会社が存在します。さらに海外FX会社も含めればとんでもない数のFX会社に相当します。

その数え切れないほどのFX会社から自分スタイルに合うFX会社を探し出すのは大変なことでしょう。

自分のスタイルに合ったFX会社を選ぶには、まず自分が実際にFXトレードをする際にどういったものを求めるのかを予め理解することが重要になってきます。

しかし漠然とした考えだけではいつまでたっても迷いが拭いきれません。

具体的にそれぞれのFX会社における比較要素を理解した上で、自分のスタイルが何を求めているのかを明確にすることが重要になってきます。

比較要素としては、トレードにおけるコストに関るスプレッドの大きさ、安全で正確なトレードにつながる約定力、FX会社におけるサポート体制やスマホでの操作性、海外FX会社も選択肢に入れるという様々なポイントが出てきます。




利益を目指すために初心者が気をつけるポイントや評判

それではFX会社を選ぶ際、特に初心者が気をつけるべき重要なポイントを説明していきます。

1 コストに関わるスプレッド

まずはスプレッドです。スプレッドとはトレードの売買を行うごとに為替レートの中に含まれて掛かってくるコストです。

トレードにおける売買にはスプレッドがコスト分として上乗せされていますので、買って売ってをする形でコストが出ていっています。

このコストが大きい場合をスプレッドが広い、また反対に小さい場合には狭いと言います。

スプレッドはFX会社ごとに広さが異なり、それ自体がFX会社の売上収入となります。

スプレッドが狭ければコストが低くてすむので、売買を頻繁に行って本格的にトレードをする人はスプレッドの狭いFX会社を選ぶことが比較要素となってきます。

海外FX会社のほうが国内FX会社よりもスプレッドが基本的に広いですが国内FX会社にはないボーナスキャンペーンが豊富なので、それも考慮した上で判断すると良いでしょう。

2 利益に関わるスワップポイント

2つ目はスワットポイントです。

スワップポイントとは保有しているポジションによって得られる利息のようなものと理解して下さい。

金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買って保有していると、その金利差に当たるスワップポイントが受け取れます。

スワップポイントは取引資金として使うことができるのでポイント自体は収益と考えられます。

ポジションを保有する時間が長いならばスワップポイントを多く得られるFX会社を選ぶとおすすめします。

3 信頼できる約定力

3つ目は約定力です。

約定力とは売買の注文をした時にそのタイミングできちんと執行されたかどうかに関る力のレベルで、注文通りに約定すればするほどそのFX会社は約定力が高いFX会社と評判が上がります。

もし約定力が低いと、相場が激しく荒れている時にトレーダーへ不利な形として注文を成立させてしまう可能性があります。

そのため特に初心者は安心してトレードのできる約定力高いFX会社を選ぶことをおすすめします。

国内のFX会社においてはトレーダーから受けた注文を全て市場に回すわけではない場合もあるので約定力が低い場合もあります。

しかし海外FX会社の場合はトレーダーの注文はすべて直接市場につなげるようになっていますので約定力は高い傾向があります。

4 安心なサポート体制

4つ目のポイントはサポート体制です。

トレード方法やトレードツールの操作方法、入金出金のトラブルに関してはサポートセンターに問い合わせをします。

その際にきちんとサポートしてくれるのかどうかでもFX会社の比較要素として重要なポイントです。

特に初心者であればこういった面を重視してFX会社を選ぶことをおすすめします。

また海外FX会社を選ぶ際には日本語サポートの充実度も重要になってきます。

電話でのサポートはあるのか、メールサポートもあるのか、どういったサポートが24時間対応しているのかなど重要なポイントとなってくることと思います。

5 トレード環境に関わるツール

5つ目はトレードツールに関してです。

トレードを行う際には、選択したFX会社の提供するトレードツールを使うことになります。

そしてもしそのツールが自分のスタイルに合わずに使いにくいものであるならば不便で、効率の良いトレードに繋がらない可能性もあります。

そのためトレード環境を快適にするためにもトレードツールを比較要素としてFX会社を選ぶことも重要となてきます。

トレードツールはFX会社によって違いがあり国内FX会社の殆どはそれぞれのFX会社が独自に開発したトレードツールを利用する場合が多いです。

その反面、海外FX会社ではMT4と呼ばれる世界基準で共通した取引プラットフォームを利用することが殆どです。

世界基準の高性能で多く使われているトレードツールでトレードしたい場合には海外FX会社を選択することをおすすめします。

6 外出時のスマホアプリの操作性

6つ目はスマホアプリについてです。

FXトレードを全てスマホアプリで済ませるというトレーダーもいますが、そういった人はパソコンのツールは関係ありませんのでスマホアプリの使いやすさとしてFX会社の比較要素が重要になってきます。

また通常パソコンでトレードをする人であっても外出中にスマホアプリを利用する可能性もあります。

そんな時でもスマホアプリを重宝して使うことができればトレード環境の選択肢としてより良いメリットが生まれます。

そういう意味ではパソコン中心のトレーダーもスマホアプリの機能性も確認しておくこともおすすめです。




国内だけでなく海外も選ばれる比較要素やおすすめな点

国内FX会社を選ぶか海外FX会社を選ぶかのポイントです。

海外FX会社は情報を取り入れることが困難なイメージがあるため躊躇されがちですが、実は国内FX会社にはないメリットがあります。

例えば国内FX会社での最大レバレッジが25倍に対して海外FX会社は1000倍以上のFX会社も存在します。

またゼロカットと呼ばれる仕組みにより証拠金以上の大損失や借金からのリスクを避けられるという点でも海外FX会社はメリットが大きいです。




海外業者一覧ランキング等で評判比較もおすすめ

FXトレードで勝率を上げて利益を出すためにはきちんとしたトレード環境を作ることが重要です。

FX会社選びが上手く行けば、自分スタイルに合う最善の環境でトレードができるようになるでしょう。

また安全信用のあるFX会社を選択しサービスサポートのしっかりしているFX会社を選ぶことは健全なトレードにも繋がります。

国内FX会社でなく海外FX会社を選択する場合でも、ネットにあるFX比較ランキングブログや会社評価一覧ランキングなどでしっかりリサーチして確認することによって、紹介したポイントを確認することは可能です。

今まで国内FX会社のみで検討してなかったトレーダーの方も海外FX会社も検討することをおすすめします。